位相差顕微鏡とLBAの株式会社人間ドックの店

位相差顕微鏡
血液画像
会社概要 企業理念 お問合わせ プライバシーポリシー トップ  
 
治療院様へ
人間ドックの店は、生体血液画像分析を中心とした簡易な健康セルフチェックを通して、地域予防医療のための最高のスキームを組みます







生体血液画像分析研究会
当会では、医療関連従事者の方々とともに、予防医療に生体血液画像分析法を役立てたいと考えています。







当社のサービスのご案内
生活習慣病をはじめ、あらゆる疾患を予防医療で改善。







開設までの流れ
貴院の街で地域密着型の「人間ドックの店」コーナーをはじめてみませんか?







 

今、なぜ予防医療が求められるのでしょう?
 
食習慣の欧米化、生活習慣の簡便化、ストレスに満ちた現代社会などが、疾病の大きな構造上の変化をもたらし、生活習慣病への不安を持っている人が増えています。医療現場では、こうした疾病の治療や発見について、劇的な進歩を見せています。しかし、「病気の予防」や「未病対策」については、個人が生活の中で対応していくというのが現状ではないでしょうか。
少子高齢化による医療財政の悪化は、人々に将来へのぼんやりとした不安をもたらし、健康の維持、増進は人々の大きな関心ごととなっています。病気にならない社会づくりがわが国にとって、大きなテーマです。
このような時代背景の中で、また厚生労働省による「健康日本21」が唱える「すべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会」とするため、真に役立つ予防医療の体系化とそのインフラストラクチャーの整備が急務といえます。
医療の役割は「治療」から「予防」へと変わりつつあります。
人間ドックの店では、生活習慣の改善をとおして病気になる根本の原因を取り除き、病気を未然に防ぐという予防医療の基本を血液画像の分析から実践できるシステムを構築しました。高機能の位相差顕微鏡の操作性を極限まで簡素化し自身の生きた血液の状態を見ることにより、自律的に健康管理が出来る(セルフヘルスチェック)という予防医療への新しい形のアプローチは、人間ドックの店がデファクトスタンダードとして、常に最先端を走り続けます。

Copyright (C) Ningendocknomise. All Rights Reserved.